パラスポーツスタートガイド

水上を駆け抜ける圧巻のスピード!©日本ボート協会

ROWING

ボート

唯一「前向き」で競技をしないスポーツです。背中で風を切って、ゴールに向かいます。リズムと調和で力を合わせゴールするのが、ボート競技の楽しさです。1人乗り、2人乗りの他、舵手を含めた5人乗りなどもあります。

  • 肢体不自由
  • 視覚障害

【競技紹介動画】ボート紹介

競技ルール・種目

パラリンピックでは、基本的に一般のボートと同じルールで競技が行われています。競技は水上を浮き(ブイ)で仕切った直線2000mのコースで行われ、スタートの合図で同時にこぎはじめ、艇の先端がゴールを通過した順に順位がつけられます。

シングルスカル・ダブルスカル:
1人両舷2本オールを用いる
使われるオール
片側 2.7m程度
カーボンファイバー製
片側 1.3kg程度

2.70m リガー(オールを支える金具)

混合舵手つきフォア:
1人片舷1本オールを用いる
使われるオール
3.7m程度
カーボンファイバー製
2.5kg程度

漕手 舵手(コックス)健常者でも可

TOPICS力強いオールさばきが魅力!

©日本ボート協会

ココが面白い!

競技団体からメッセージ

シンプルに速さを競う
奥の深さが魅力のスポーツ

オールをこいで速さを競うボート競技。同時にスタートして2000mをこいで最初にゴールしたボートが勝利します。シンプルな反面、奥が深いのもこの競技の魅力です。協会ホームページに障害のある方向けの乗艇会のお知らせが掲載され毎月行っています。興味のある方はぜひ参加をお待ちしています。

選手紹介

2012年にスノーボード中の事故で下半身に障害を負う。ボートを始めたのは2016年。世界選手権で2018年は7位、2019年は最下位の14位だった反省から体幹を重点的に強化し、水に力を伝えるこぎ方を磨いた。アジア・オセアニア大陸予選で1位になり41歳で初の代表選手に内定。東京2020パラリンピック競技大会では11位。

パラローイング 
市川友美いちかわ ともみ選手

主な大会情報

以下の国内大会、国際大会が行われています。

  • パラリンピック
  • アジアパラ競技大会
  • Virtus グローバルゲームズ
  • 世界選手権大会
  • 日本選手権大会

パラリンピックに
出場するには

パラリンピックでは、肢体不自由と視覚障害のある選手が対象で、障害の種類や程度で3つのクラスに分けられます。競技は5種目あり、1人または、男女混合で競技艇をこぎます。選手の障害のクラスによって、競技種目が異なります。

障害クラス
PR1
障害内容
4上肢と肩のみでこげる選手。体幹は効かない。
障害クラス
PR2
障害内容
体幹と上肢を使ってこげる選手。下肢を使うスライド式シートは使えない。
障害クラス
PR3
障害内容
四肢に障害があるが、下肢・体幹・上肢を使いスライド式シートを使ってこげる選手、または視覚障害の選手(※)。

(※)・混合舵手つきフォアの漕手は、2名までの視覚障害者を含むことができ、うち1名は、B3区分であってもよい。

・混合ダブルスカルの漕手は1名の視覚障害者を含むことができ、その場合B1またはB2区分である。

・混合ダブルスカルの漕手は、身体障害クラス分けの機能テストにおいて、1つの四肢の評価点が20ポイント以上を満たすこと。

競技団体情報

お問い合わせ

【(公社)日本ボート協会】

URL:https://www.jara.or.jp/para/current/

おもな活動場所

【神奈川県立相模湖漕艇場】

神奈川県相模原市緑区与瀬340

●JR中央本線
相模湖駅 徒歩10分

ほかの競技を見てみよう!