パラスポーツスタートガイド

先を読む力と駆け引きがポイント!©一般社団法人 日本車いすカーリング協会

WHEELCHAIR CURLING

車いすカーリング

ハンドルのついた石を滑らせ、30m先のハウスと呼ばれる円の中心に近づけて得点を競うスポーツです。一般のカーリングと違い、デリバリースティックを使ってストーンを滑らせます。

  • 肢体不自由

【競技紹介動画】車いすカーリング紹介

競技ルール・種目

パラリンピックの車いすカーリングでは、一般のカーリングのように助走をせず、車いすカーリングは静止した状態でストーンを投げるルールです。試合には4名(必ず男女混合)で行います。ストーンと呼ばれるハンドルがついた石を、手やデリバリースティック(棒のような競技用具)を使って、ハウスをねらって氷の上を滑らせます。氷をブラシでこする「スウィーピング」は行いません。

バックライン ティーライン ホッグライン サイドライン センターライン 車いすライン ハウス ティー 40m

TOPICS戦略とテクニックが
絡み合うゲームが魅力!

©一般社団法人 日本車いすカーリング協会

ココが面白い!

競技団体からメッセージ

戦術を駆使して挑む
氷上の頭脳戦

車いすカーリングは、車椅子に乗ってプレーする氷上のスポーツです。公式大会では、男女混合チームで戦います。チェス、将棋のような作戦の組み合わせと、氷の状態を読み、ボウリングやビリヤードのようなラインと強さの情報を駆使してチームメイトも一緒になって戦術を考えます。いろいろな要素がつまった氷の上のゲームは、年齢、性別、経験、障害の有無を問わず一緒にプレーができるユニバーサルスポーツとしても楽しめます。コンビネーションやコミュニケーションの中からそれぞれに合ったプレースタイルも生まれます。1人からファミリー、グループなど体験メニューがありますので、ぜひ氷の上の臨場感を体験してみてください。

もっと知りたい!
車いすカーリング

湿度や気温にも左右される氷の状態とストーンの相性を捉え、チームメイトの得意なショットとコンディション、さらには相手の作戦との駆け引き、あらゆる要素を駆使して先の展開を読む試合は、2時間以上にもおよびます。ハーフタイムでのチームコミュニケーションやエネルギー補給はとても重要です。同じアイスには二度と出会えない!だから今が楽しい!2026年のパラリンピックからこれまでの男女混合4人制に加え、男女各1人のミックスダブルスという種目が増えます。新たな魅力が発信できる冬季競技にご期待ください。

主な大会情報

以下の国内大会、国際大会が行われています。

  • パラリンピック
  • アジアパラ競技大会

パラリンピックに
出場するには

肢体不自由のうち、下肢に障害のある選手が対象です。筋力低下、他動関節可動域制限、四肢欠損、筋緊張亢進、失調、アテトーゼのいずれかで、その程度によって最小基準があります。

競技団体情報

お問い合わせ

【(一社)日本車いすカーリング協会】

URL:https://jwh-curling.org/

おもな活動場所

【軽井沢アイスパーク】

長野県北佐久郡軽井沢町大字発地1157-6

●JR 北陸新幹線
軽井沢駅 車で15分

●しなの鉄道
中軽井沢駅 車で10分

●上信越自動車道
碓氷軽井沢IC 11km

ほかの競技を見てみよう!