パラスポーツスタートガイド

音を頼りに球の動きを察知して打ち返す!

SOUND TABLE TENNIS(STT)

サウンドテーブルテニス

全国障害者スポーツ大会の競技のひとつで、視覚障害者が行う卓球です。球の中に金属の球が4つ入っていて、その音を頼りにプレーします。静寂の中でプレーする姿から会場には緊張感が漂います。

  • 視覚障害

競技ルール・種目

ネットの下が空いており、そのネットの下に金属球が4つ入ったボールを通してラリーします。障害の程度によるハンデをなくすため、選手はアイマスクをつけてプレーします。選手はボールが転がる音を頼りに、打球音がわかるようラバーを貼ってないラケットで競技します。

卓球台は平坦で継ぎ目がなく、台のエンドラインとサイドラインのふち(エンド)にフレームがついている専用の台を使用します。自分の打った球が相手のエンドフレームに当たった後、コートに球が触れた場合や、相手選手が返球できなかった場合に得点となります。球がネットに引っ掛かったり、強すぎてコートから直接出てしまうと相手の得点です。

TOPICS求められるのは、
音を聞き分ける集中力!

ココが面白い!

競技団体からメッセージ

競技や
レクリエーションとして
愛好者は全国各地に

わたしたちは視覚に障害をもつ人たちが、競技としてまたレクリエーションとしてのスポーツである『サウンドテーブルテニス(STT)』を楽しみながら、日々活動している団体です。全国各地から集まる愛好者により、全国大会を年1回開催しています。国内にとどまらず、海外にも普及していくことを願い、アジアのいろいろな国と交流を持てるようになりました。今後、アジアパラから始まってパラスポーツの1種目として仲間入りできるために普及と啓発に努めるとともに、たくさんの人にこのスポーツの楽しさを伝えていきたいと思っています。

主な大会情報

以下の国内大会、国際大会が行われています。

  • 全国障害者スポーツ大会
  • 全国視覚障害者卓球大会
  • 東京都障害者スポーツ大会

競技団体情報

お問い合わせ

【日本視覚障害者卓球連盟】

URL:http://jatvi.com

おもな活動場所

【東京都障害者総合スポーツセンター】

北区十条台1−2−2

●JR京浜東北線
王子駅 無料送迎バス有

●JR埼京線
十条駅 徒歩10分

●JR山手線
池袋駅 無料送迎バス有

【東京都多摩障害者スポーツセンター】

国立市富士見台2−1−1

●JR中央線
国立駅 徒歩20分

●JR南武線
谷保駅 徒歩10分